2009年08月29日

「特に意見のない方は投票しなくても構いません」

タイトルは衆議院選挙のことではない。最高裁裁判官国民審査の話だ。
今日、期日前投票に行ってきたのだが、国民審査の投票用紙を渡されるときに
「辞めさせるべきと思う裁判官のところに×を書いてください」
といわれた後で
「特に何もなければ何も書かなくて構いません」
と言われた。

これはフェアじゃない。
現行制度の下では衆議院選挙の投票するために来る人がほとんどだと思うが、国民審査への関心は低い。
国民審査が衆議院選挙と別の日に行われるのであればこの投票方法でもいい。
せめて別紙の投票整理券があり、独立した受付があり、個人の意思で投票せずに帰る選択肢があると分かりやすく提示する必要がある。
これなら国民審査に投票するつもりの人が投票し、よく分からない人は気軽に棄権できるからだ。
今日の投票所では衆議院比例区の投票用紙と国民審査の投票用紙を一緒に渡されて、いかにも投票しないと帰れない雰囲気があった。あれじゃ、帰るために白紙投票してしまう人は多いはずだ。

制度をよく知らずに「分からないから空欄」の一票と「よく調べて空欄」の一票と「よく調べて×印」の一票が同じに扱われるのは仕方ないが、公平な立場にあるべき選挙管理委員が国民審査に関心のない人を白紙投票に誘導しているのだ。

やはり本来は最高裁裁判官として適任であると思うものに○を付けさせるべきだ。そうじゃない現行制度の下では
「最高裁裁判官に関して特に意見のない方は投票しなくても構いません」
と伝えるべきだ。

このようにして国民審査に関心のある人だけが国民審査に投票するようになったらきっと大変なことが起きる。投票率は激減し、毎回、審査対象の半数くらいは罷免されるだろう。
最高裁にシビリアンコントロールによる緊張感が生まれることは間違いない。今のように国策裁判といわれる検察擁護、政府擁護の判決はおいそれと出せなくなり、影響は下級審にもすぐに浸透するだろう。
これは取り調べ全録画と並ぶ司法改革の目玉となりうる。
ぜひ実現して欲しい。
posted by naotok at 16:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

あなたはまだ検察が正義だと思っていますか?

三井環氏の「検察「裏ガネ作り」」を読んだ。
なんというか、怒りと諦めの入り混じるやり切れない読後感に襲われている。



三井環氏は当初は私怨から検察の調査活動費問題を内部告発しようとした。ところが、テレビの実名インタビューを収録する日に微罪で逮捕された。どれくらい微罪かというと詳しくは本を見てもらうのがいいのだけど、ここではまあ「立ちションベン」程度だと思ってもらえばいいだろう。
この逮捕から保釈までの約1年の経緯と、検察の公金横領事件および隠蔽について書かれた本だ。

恥ずかしながら、私はこの事件について最近まで知らなかった。去年まで週刊朝日などの雑誌はほとんど見なかった(新聞と経済誌で十分と思っていた)し、新聞でも社会面はざっと見出しを見る程度なので目に付かなかったのだと思う。
しかし、事は全国の検察で行われた組織犯罪を内部者が実名告発しているのだ。1面トップくらいは飾ってもよかったはずだ。

三井氏が起訴された事件については平成20年8月に最高裁で上告棄却され、三井氏の実刑が確定し、現在服役中である。
検察の組織犯罪についてはろくに捜査もされず、森山法務相(当時)の答弁にも守られ、歴代の検事長たちは安泰のご様子だ。
平成20年の第169回国会で鈴木宗男議員が5回にわたり検察の調査活動費について質問趣意書を提出している。「だから問題ないって言ってるんだよ、うるさいなあ」と繰り返すばかりに読める役人の書いた答弁(でも内閣の責任で回答されている)を見るとさらに腹が立ち、自民党の政権担当能力のなさに呆れてしまう。
麻生さん、自民党政権は官僚を使いこなせてないですよ?

この本を読み、この事件を知ると、「検察は正義」とか「裁判所は公正中立だ」というよくテレビで評論家が口にする素朴な価値観(そして広く大衆に刷り込まれている価値観)は、ただの世間知らずの世迷言であることが分かる。

民主党政権になったら司法改革は進むのだろうか。
小泉政権以降に頻発したずさんな国策捜査は改められるのだろうか。
正義にもとるいい加減な仕事をした検察庁の皆さんをきっちりと咎められるのだろうか。

たくさん期待してしまう。
期待しすぎはダメだと自分に言い聞かせてはいるのだけど。

今回、残念ながら三井氏の上告を棄却した裁判官は国民審査の対象になっていないので×を付けることはできない。
衆議院選とセットではなく、3年ごとに定期的に行われる参議院選とセットにして、さらに最高裁の全ての裁判官を国民審査の対象にすべきだと思う。

ただ、不十分とはいえ衆院選と国民審査の一票を責任を持って行使したいと思う。

<参考URL>
http://ja.wikipedia.org/wiki/三井環
第169回国会 質問の一覧
三井環ホームページ
驚愕!「検察組織」マル秘錬金術。
posted by naotok at 00:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

最高裁裁判官国民審査の投票の仕方

来る8月30日に衆議院選挙と同時に最高裁裁判官国民審査が行われる。
衆議院選挙の陰に隠れて影が薄くなりがちだけど、これも司法のガバナンス(シビリアンコントロール)の観点で重要な行事だ。

この国民審査において、最低の行動は判断せずに白票を投じることだ。白票は無効票ではなく、「いずれの裁判官も適切である」と承認した意味になってしまう。
国民審査広報を読むといった最低限の情報収集をして判断する時間がないなら、国民審査の投票は棄権した方がマシだ。もしくは、国民審査制度の不備を批判する意味を込めて、全ての裁判官に×を付けるのがよいと思う。

副島氏は、竹崎博允氏、那須弘平氏、近藤崇晴氏、竹内行夫氏の4人に×を着けることを推奨している。

「1060」 来たる8月30日の衆院選と同時に行われる最高裁判所裁判官の国民審査で、「4人の最高裁裁判官に×(バツ)を与える国民運動」を行うことを提案します。副島隆彦 2009.8.10
http://snsi-j.jp/boyakif/diary.cgi?start=1&pass=
(このURLは静的でなさそうなので、いずれ内容が変わってしまうと思われる)

また、時間のある人は以下のサイトを確認されるのがよい。審査対象の判事の経歴や代表的な判決および意見の履歴が整理されていて有用なサイトだ。

忘れられた1票
http://miso.txt-nifty.com/shinsa/

手間をなるべく省きたいなら「忘れられた1票」の中から以下のページだけ読めばいい。

国民審査の×ガイド
http://miso.txt-nifty.com/shinsa/xxx.html

ちなみに自分は以下の裁判官に×をつける予定だ。

櫻井龍子 (御殿場事件に有罪判決を出したため)
竹内行夫 (鈴木宗男事件当時に外務省側で関与のため)
涌井紀夫 (一票の格差を放置する立法の不作為を適法と追認したため)
那須弘平 (佐藤優事件で上告を棄却したため)
竹崎博允 (国策に忠実なヒラメ裁判官であるため)
近藤崇晴 (植草事件で上告を棄却したため)

9人中6人になった。マークをつけない田原、金築、宮川を覚えていった方が簡単だ。
ちなみに国民審査広報では櫻井氏の御殿場事件判決、那須氏の佐藤優事件判決、近藤氏の植草事件判決について記載されていない。いずれも冤罪の疑いが強く、また後の2件は国策で作られた事件である疑いがある。これらは審査のうえで重要な案件であるので広報されてしかるべきだ。
これらが記載されていない理由は、国民審査広報を作るのもまた役人ということなのだろう。信用してはいけない。
posted by naotok at 23:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

陰謀論の罠の罠

(この記事は「陰謀論との付き合い方」および「「陰謀論との付き合い方」の補足」の補足記事です)

「陰謀論の罠」という本を読んだ、と言っても、興味のあるトピックについてどのように書かれているかを拾い読みした程度だが。
この本は911の陰謀論を論破するべく2007年4月に出版されたものだ。読んでみると一つ一つ丁寧に論破しているかのように見える。
ただし、残念なことに「陰謀論者」が主張する公式発表の矛盾の中で、核心に触れるものについてはスルーされている。自分がそのように考えたのは、WTCが倒壊した理由、およびペンタゴンに突入した物体に関してだ。

WTCが倒壊した理由について、周辺的なことにはいくつか触れられている。例えば、WTCを発破で破壊するために必要な爆薬量や作業量は膨大すぎて現実的ではないといった主張である。
しかし、WTCの倒壊において核心となるのは、航空機燃料で発生する熱量では鉄骨の強度が低下しないことだ。鉄骨の強度が低下しなくてもノンストップで倒壊するというのであれば、そのプロセスについて説明して欲しかったが、これについては触れられていない。

ペンタゴンに突入した物体については、旅客機が機首を水平にしたまま、地表2メートルくらいの高さで水平飛行をして突入したとされている(高度は収録されている合成写真より推定)。
旅客機は離陸時も着陸時も地表近くでは機首を上げてバランスを取っている。素人考えだが、2mというほぼ地表といえる高度で機首をあげずに地面に接触もせずに水平飛行できるものだろうか。甚だ疑問だ。なお、これはloose changeでも疑問視されていたと思う。
(胴体着陸の姿勢に近いのだと思うが、あれは「着陸」であって、こっちは「水平飛行」だ)


この本は途中で「陰謀論を論破した○×という本(アメリカで出版された陰謀論論破本)は論破しやすい一部の問題だけ論破したと非難されているが、そんなことはない。主要な問題は全て論破している」といった主張をしているくだりがあるが、こういう口先論破の問題がこの本にもあるのは皮肉で格好が悪い。
また、頻繁に日本語の単語の直後に同じ意味の英語が併記されているかなり変わった記法を採用されているが、日本語もしくは和訳能力に自信がないのだろうか。訳としては問題がなかったので自信がないわけじゃないのだと思うが、なぜ奇妙な記法によって信頼性を自ら損なうようなことをしているのか疑問に感じた。

posted by naotok at 23:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。