2009年10月21日

日本郵政斎藤社長に期待する

いろいろ書きたいネタはあるけど時間がなくて書いていられない。
でも、日本郵政だけは本当に期待してるのでちょっとだけ書きます。

何をって、収益を上げることじゃないよ。
小泉竹中西川体制で行われた無法行為が白日の下に晒されることです。

ニュース見てても勘違い発言が多いけど、株式会社は収益を上げることが課題ではなくて、株主の意図した事業を行うことが課題です。
極端な話、「赤字でもいいからサービスの拡充を」と株主が言えば、収益を上げる必要なんてない。
まあ、赤字だだ漏れだと税金をつぎ込まなくちゃいけなくなるから問題だけど、郵貯と簡保と郵便のトータルでプラスの範囲ならサービスを拡充して欲しいと思うし、それが現政府の意向なんじゃないだろうか。

あと、日本郵政株式会社を指して「民間会社」といわれることが多い。これは小泉竹中の詭弁に過ぎない。政府が100%株主なんだから、「民間会社」というより「国有会社」だ。
上場の時期は見直すが、将来上場をするという方針は変わっていないという。でも、郵政に関しては政府がガバナンスを利かせられれば十分で、上場する必要は無いと思う。
上場すれば利潤を追求せざるを得ず、郵便事業にそぐわないのではないだろうか。よく調べたわけじゃないけど、株式会社化して政府が100%保有を維持する外国も多いと聞いたことがある。

じゃ、何で「株式会社化」かというと、公務員としての身分のコストの問題とか、郵貯と簡保の資産運用の問題なんだろうけど、これ以上は時間をかけて勉強しないと書けないので、とりあえずここまで。
posted by naotok at 22:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

恥ずかしい知事

なんだか恥ずかしい知事が多いようだ。
いや、誰も宮崎なんて言ってませんよ。まあまあ、あれは勇み足ということで大目に見ていいレベルと思いますし。
気になるのは東京都民と千葉県民のどっちが恥ずかしいか。

千葉県は知事選で「完全無所属」と嘘ついたと告発されても晴れて不起訴となった森田健作知事をいただいている。

森田知事:「無所属」の告発、地検が不起訴に /千葉(毎日新聞)
http://mainichi.jp/area/chiba/news/20091001ddlk12010283000c.html
(これってなんで不起訴なんだろう。捜査なんてしなくても公開情報だけで十分に起訴で起訴できそうなのに。また検察審査会で起訴相当がでるかな。楽しみだ。)

調子がいいだけで見識の●●そうな人をよく知事にいただいたものだと思う。県民としては相当恥ずかしいだろう。

でも、東京都民の恥ずかしさに比べれば可愛いものだろう。
都民の声も聞かずにオリンピックの招致に多額の税金を勝手に使って負けて、しかも負け犬の遠吠えで勝者を侮辱したと告発されて・・・日本の恥だ。

16年夏季五輪:石原知事発言にリオ抗議
http://mainichi.jp/enta/sports/general/news/20091007ddm035050147000c.html

東京都民は日本国民に対して謝るべきだ。
私も(石原には投票してないけど)都民として謝ります。ごめんなさい。

知事をリコールしたい。
あと、これ以上に海外で恥をさらさせないために渡航禁止措置にしたい。


続きを読む
posted by naotok at 23:43| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いまいちな女性ルポライターたち

なんでなんでしょう。
横田由美子氏については以前にも書いたけど、なんか目に付く女性のルポライターとかジャーナリストというのはイケテナイ。

山口県の光市母子殺害事件の被告が犯行当時少年であったにも関わらず実名を本の表題に付けて出版しようとして増田美智子氏が世間を騒がせている。たまたまニュースで会見の様子を見たけど、氏は「本人の許可を得た」と言いながら目が泳いでいた。

いや、本人の許可をちゃんと得ていれば、本人の弁護団から差し止め請求されないでしょ。少年法に抵触するのは明らかなんだから、本人の同意は明確に書面で取るでしょ。
というわけで、まあ、言ってるだけなんでしょう。

草薙厚子氏という方も問題があるらしい。
いわゆる少年調書のコピーを無断で取ったと推定され、それをネタに
「僕パパ」を出版した人だ。

videonews.com - 少年を殺人者のままにしておくことはできなかった(無料放送中)
http://www.videonews.com/interviews/001999/000964.php

氏には同僚のネタを自分のものとしてしまう癖があるらしく、氏を告発する会というのがある。

ジャーナリスト草薙厚子氏を告発する会(被害報告・相談受付)
http://homepage3.nifty.com/01/kusanagi.html

小沢氏の代表辞任会見で「議員辞職は?」と聞いて叱り付けられた何とかテレビのナナミとかいうのもいたな。


女性がダメというわけじゃないけど、なんで目に付くのはこう・・・
ああ、そういえば、東京新聞に検察に厳しい論調の署名記事を書いている女性がいたけど、名前が思い出せない・・・
せっかく署名で素晴らしい記事を書かれていたのに本当に申し訳ないけど、頑張って欲しい。
posted by naotok at 00:07| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

政府および各政党は一票の格差に関する最高裁判決を受けて政治姿勢を表明すべきだ

2007年の参院選の一票の格差問題について最高裁判決が出た。立法府の裁量の範囲として認めたものの、明確に制度的な手当てを求めた内容となっている。

07年参院選 一票の格差 『選挙制度見直し必要』 最高裁無効請求は棄却
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2009100102000085.html

これを受けて政府および各政党は立法府としてどのように対応していくべきと考えるのかを表明するべきだ。
民主党の小沢幹事長は定例記者会見(判決が明らかになる直前)で記者から質問を受けて「二院制のあり方から議論しなければならない」とコメントしているが、個人としての見解に過ぎず全く不十分だ。

先の最高裁判事国民審査においては一票の格差判決に合憲意見を出した判事が高い罷免投票率を受けている。これは直前に新聞の一面広告が打たれた関係もあるだろうが、そのような広告が国民の投票行動に影響する事実からもこの問題についての国民の関心は高いといえる。

最高裁審査は「一票の格差」合憲裁判官が罷免率トップに
http://www.videonews.com/news-commentary/0001_3/001224.php

最高裁の判決も立法府に対して遠慮しすぎていて情けない限りだが、現時点で精一杯の判決なのであろう。立法府としてこれを無視したのではそれこそ司法軽視の謗りを免れない。
特に、政権交代によって一票が軽い都市に強い政党が政権を得た今は一票の格差是正の好機である。来年の参院選に間に合わせようとすれば拙速となりかねないが、参院選後の見直しというスケジュール感と方向性について各政党は姿勢を表明するべきだ。
posted by naotok at 22:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「拘束されていても公共の福祉を害する可能性があるなら死刑もやむをえない」とする論理の危うさ

(10/3 タイトルの誤記修正)
始めに断っておくが、「刑務所で拘束されていても公共の福祉を害する可能性があるかどうかで死刑適用を判断すること」が受け容れられるという主張はおそらく一般的ではない。
それにも関わらずここでこの主張について取り上げるのは、この考え方の危うさについてこのコメントで指摘しただけでは伝われないおそれがあるためだ。

「(刑務所で)拘束されていても公共の福祉を害する可能性がある」という状況は具体的な例示がないので推測するしかないが、刑務所にいても外部の者に対して影響力を行使しうる場合だけだろう。組織性やカリスマ性などの特殊な要因が絡まないと実現しない状況だろうが、組織性にせよカリスマ性にせよ(そして恐らく他の要因にせよ)犯罪自体を法的に構成するものではないだろう。であるとすれば、そのようなものを量刑の考慮に含めて良いものだろうか。しかも収監後の状態を裁判の時点で予測して量刑に加味することになるが、これは非現実的である。
死刑執行の判断要素としてこれらの要素を考えるとしても、それはつまり行政の気に入るように行儀よくしてないと行政の判断で死刑にしてよいということだ。これでは、検察や裁判所ではなく行政に生殺与奪の権利が一任されてしまっている。

当たり前のことだが、刑罰は起訴されて裁判にかけられた過去の犯罪行為と法律を根拠として課されるものである。
犯罪行為や犯罪に至る過程以外に、その人の属性によって量刑が判断されるとしたら受け容れられるものだろうか。少年などのように法律で合理的に保護の対象となっている者の話ではない。男性と女性、サラリーマン、経営者、政治家、主婦、ヤクザ、チンピラ、革命家、アナーキストなどの属性によって量刑が違ってよいのか。

もし違ってもよいなら、そして拘束されても公共の福祉を害し得るなら死刑も認められるなら、サラリーマンや政治家が殺人を犯しても無期懲役で、革命家が殺人を犯すと死刑ということだ。
極論すれば、政治家のスピード違反は無罪放免で、革命家のスピード違反は死刑でもよいことになる。

司法も行政も誤るものだから、こんな大きな裁量を与えるのは危険として、今の刑事裁判制度があるのではなかったか。
posted by naotok at 01:52| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。