2009年06月08日

死刑制度存置を支持します

これまで素人ながらに「死刑存廃議論の整理」で論点整理をし、
死刑制度の犯罪抑止力について「死刑の犯罪抑止力」の中で、
死刑の犯罪抑止力 - i 思考実験による検証」と「死刑の犯罪抑止力 - ii 統計データによる検証が不可能であること」の中で論じてきた。

死刑の議論をする際に他の論点について個別の議論を突き詰めていくと、いずれも決定的なものはないように感じている。このため、他の論点について自分から論じることができず、死刑制度を廃止する理由はないという結論に至るのが自分の立場だ。
唯一、決定的なものがある可能性を感じるのは生存権の議論だが、制限可能な人権と制限不可能な人権の線引きの根拠がどうしても分からない。

よければ、死刑廃止を主張する立場での論点について、主張していただければと思う。生存権でも何でも構わないが、議論を有意義にするためには自分が重要であると考えている論点について一つずつ整理して論じて欲しい。
形式としては、当記事のコメント欄では議論がし辛いと思うので、ブログ記事をどこぞで立てていただいて、「死刑存廃議論の整理」にトラックバックをいただくのがよいと思う。
posted by naotok at 00:48| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 政治話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
他所でとのことですが、人権に関するところだけ。

平和や公共性を侵害するときはその人の人権を制限できると思いますが、平和を維持できる状態まで制限できればよいのであって、命を奪う必然性はありません。なので、制限可能と不可能の線引きは人やケースによって考え方が異なると思いますが、命を奪う必然性はそこから導き出せません。また、人権は制限できますが否定はできないと思うので、人権否定につながる死刑は人権思想に基づけば認められません。

ただし、自分は理論で社会を統治できるとは思っていないので、人権思想にも現実的には例外はありうると考えています。
Posted by qog at 2009年06月08日 08:50
制限と否定の違いは微妙な感じがします。
そこが焦点となるのかもしれません。
Posted by naotok at 2009年06月08日 22:54
以前からコメントばかりしていて申し訳ないと思いつつ、なかなか書けてませんでしたが、ようやく書きました。
トラックバック機能がないのでコメントで。

「具体的感情と抽象的論理の狭間に入り込む死刑制度」
http://demiurgesbit.blogspot.com/2009/07/blog-post_14.html
Posted by qog at 2009年07月14日 02:12
ご連絡ありがとうございます。
必ず読んでそちらにコメントしますが、すぐには難しいかもしれません。
帰るのは早いのですが、このくらいの時間までは手が空かないので・・・
Posted by naotok at 2009年07月16日 01:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

死刑制度 うつ病になったサラリーマン★トマトの自分探しの旅★
Excerpt: 初めて訪問して下さった方。ありがとうございます。 中々面白かった。うつ病に負けるな。と言う感情がちょっとでも沸きましたら 是非、下のランキングバナー、ポチ、ポチ、ポチっとお願いします。−☆*゚ ゜..
Weblog: うつ病になったサラリーマン★トマトの自分探しの旅★
Tracked: 2009-07-02 00:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。