2009年07月02日

鳩山氏個人資産の迂回献金か?

自民PTが鳩山氏への議員献金を迂回献金であるかのように問題視している産経新聞の記事を見てハッとした。鳩山氏は自身の金銭を他人に譲渡して、それを献金してもらうようにお願いすることを日常的にやっていたのではないだろうか。

議員献金も個人資産? 鳩山代表あて 法令違反の疑い
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090702/stt0907021128006-n1.htm

秘書がイオロイ弁護士に告白したという、

「直接これらの方々に寄付をお願いするべきであったものを怠ったことから事実でない記載をし、それを繰り返してしまった」

という中での「寄付をお願い」の暗黙の前提に現金の譲渡があったのではないだろうか。

【故人献金】鳩山会見(2)「寄付のお願いの怠りを隠したのが原因」
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090630/stt0906302024016-n3.htm

100万円までの譲渡であれば非課税なので、献金者は政治献金に伴う税控除分だけ節税ができる。献金行為の実体があれば、通常の法解釈では法律違反に問われることはないだろう。
であれば、もし「お願い」されれば、断る道理はない。もし自分にそんな話が来たら、(控除額分の)色を付けて献金する。

ただ、大久保秘書に適用された検察独自の新解釈だと、違法性が問われるかもしれない。とはいえ、資金の出元が本当に鳩山氏の個人資産であれば悪質性は皆無だろう。
将来的な相続税逃れに繋がりさえしなければ。

それにしても、この想像が当たっているとするなら、自分の資産をひたすら持ち出して政治に捧げる鳩山氏の情熱のなんとすさまじいことだろうか。総額は10桁に届いていると思う。
この情熱にはひたすら感服するし、この情熱に対してこの状況では心中察するに余りある。
posted by naotok at 22:57| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 政治話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しかし、その解釈が本当だとすると、自分の懐を1円も痛めることなく議員にバラマキを行ったとも取れます。そして、その原資は国民の血税ということに。
(違法か脱法かは置いておくとしても)それでも悪質性は皆無と言えますか?
あと、最初に渡した金が「表に出せない金」だった場合、マネロンも兼ねていたという可能性もあります。

今のとこ、憶測にすぎませんが。
Posted by nomad at 2009年07月03日 08:40
寄付控除は所得控除と税額控除の選択ができますが、献金額が100万円の場合に最高40万円の節税効果が得られます。入るべき税収が減っていますので、カネの動きだけを見ればこれに相当する額を税金を原資にバラまいたように見えます。

節税効果を全員が受け取ったという証拠が出ているわけでもない(控除を受けるには確定申告時に証明書を提出する必要があります)ですが、これによって節税が行われたとすれば譲渡した鳩山氏側の問題というよりは、節税した献金者側のモラルの問題ではないでしょうか。また、節税したとしても税金を盗んだわけではないです。譲渡も献金も所得控除も完全に合法な行為ですよね?
このように考えれば、献金者のモラルの問題および制度設計上の不備以上には言えないと思います。とすれば、やはり鳩山氏の悪質性は皆無となります。
もちろん、原資が表に出せないカネであればこれはマネーロンダリングになるので話は全く違ってきます。

素人なので、間違いなどあればご指摘ください。
Posted by naotok at 2009年07月03日 21:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

沖縄核密約
Excerpt:   7月1日の各新聞社では、 村田良平・元外務次官のインタビュー記事に対しての社説 が一斉に載せられていた。 宮崎からそのまんま東へ行こうと目論んでいる「誰かさん」の話と鳩山民主党党首の献金問題で各マ..
Weblog: 雑感
Tracked: 2009-07-04 10:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。