2010年02月11日

二つの主張

主張A: 小沢氏が不起訴処分となるように検察上層部に圧力をかけた結果、小沢氏については不起訴になった
主張B: 小沢氏が不起訴処分となるように検察上層部に圧力をかけたという噂は、あれだけの捜査をしたが起訴に持ち込めなかった検察官が意図的に流しているデマゴギーだ。

現時点でこれらの主張は真実性という点で同等だ。いずれにも十分な動機付けがあり、実現性もありそうに見えるからだ。

主張Aについて、小沢氏は起訴された場合にマスコミのネガティブキャンペーンはさらにヒートアップし、ますます世論の批判を浴びることになる。この状況が継続すれば参院選は保たないかもしれない。とすれば、自身が不起訴となるよう検察に圧力をかける動機は十分にある。
小沢氏ほどの有力政治家であれば検察へのパイプもいくらでもあるだろうから、実現性もあるだろう。陰で指揮権を発動することさえできるかもしれない。
また、何人かの検察寄りのコメンテーターが「検察審査会で起訴相当が2回でれば強制的に起訴される」ということを言っている。圧力を受けた上層部の決定で起訴できなかったとすれば、検察審査会頼みのコメントとも符合する。

主張Bについてだが、事実として犯罪が存在していなかったり、捜査能力的な問題で起訴できなかったとしても、主張Aのような噂を真しやかに流すことは可能だ。リーク問題でほとんど明らかなように検察とマスメディアには太いパイプがあるからだ。
もし「陰の指揮権」が発動されたかのような体裁がとれれば、捜査を指揮したものの保身(責任逃れ)や検察の組織防衛にも役立つ。つまり、そのような噂を流布する動機は十分にある。

この二つの主張のどちらが正しいかを判断するためには、事実を積み重ねる必要があるが、事実を積み重ねる動機付けはどちら側の主張にもないため、この問題は解決しないだろう。
posted by naotok at 01:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。