2010年04月30日

検察審査会が不起訴処分のよしあしを審査していない件

陸山会の事件に関連して東京地検は民主党の小沢幹事長を不起訴処分とした件で、検察審査会が起訴相当と議決したことが話題となっている。

最初に自分の立場を明らかにしておく。
前回の参院選以来民主党に票を投じ続けているし、次の参院選でも民主党に票を投じると思う。小沢氏については高く評価しているし好感も持っている。
今回の検察審査会の議決で起訴相当はあり得ると思っていたし、裁判を行うのは有意義だと考えている。推定無罪の原則をマスメディアおよび国民が尊重するならば、という条件がつくが。

ここで論じたいのは起訴相当が妥当かどうかではなく、検察審査会の職務の評価だ。
今回初めて検察審査会の議決書を読んだし、他の案件の議決書を読んだこともないのだが、検察審査会の議決書には検察が行った不起訴処分の当否について直接的に評価する文言がないのは不当だと考える。

裁判所ホームページによると「選挙権を有する国民の中からくじで選ばれた11人の検察審査員が,検察官が被疑者(犯罪の嫌疑を受けている者)を裁判にかけなかったこと(不起訴処分)のよしあしを審査するのを主な仕事とするところです。」と書かれている。
つまり「検察官が行った不起訴処分の当否を評価すること」が主な仕事なのだ。事件そのものや被疑者の評価は副次的なものと言える。

検察審査会とは(裁判所ホームページより)
http://www.courts.go.jp/kensin/seido/sinsakai.html

今回の検察審査会の議決書は以下のページなどにある。

小沢氏起訴相当の議決書全文(政治とカネ212)(弁護士阪口徳雄の自由発言)
http://blogs.yahoo.co.jp/abc5def6/61495980.html

【小沢氏「起訴相当」】東京第5検察審査会の議決要旨(産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100427/crm1004272303048-n1.htm

これらを読んでみると、証拠の評価や違反の成立についての論旨が述べられているのみで、「不起訴処分の当否」について述べている部分は冒頭の「議決の趣旨」だけだということが分かる。これではなぜ検察が行った処分と検察審査会の結論が反対になったのかが分からない。

検察とどの部分で証拠の評価が食い違ったのか、もしくは刑事責任の重大性の評価がどこで食い違ったのかを明らかにしないと検察が行った処分を審査したことにはならないし、検察の改善にも繋がらない。
検察審査会は処分を行った検察官から処分の理由を聞いているはずであるので、判断の違いの原因は明白になっているはずだ。

根拠はないが、起訴相当の議決を望んだ検察官が法律論から感情論へと議論を誘導し、検察への批判が高まらないような議決をさせたのではないかと邪推する。
そもそも、検察が下した処分が、11人の市民で構成される検察審査会の満場一致で否定されたのであるから、検察にとっては大問題なはずなのだ。これについて、処分責任者の責任を問う論調が見られないのはどういうことなのだろうか。
posted by naotok at 01:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。