2006年10月22日

HD障害の後日談

後日談1 データ復旧業者からの連絡

1週間を過ぎてデータのバックアップ削除の確認メールが来た。
その中で、なんと機械の操作を誤っていたという衝撃の告白があった。
で、回復可能ファイルの一覧を付けてくれてたんだけど、全然少ない・・・
ちゃんと操作してもそれしか回復できないのか。ダメだ、この業者。

というか、復旧を依頼してないんだからディスクイメージはさっさと消しておけよと。


後日談2 スキャンディスク

普段は外付けHDは外した状態でWindowsを起動しているのですが、なんとなく
接続した状態で上げたら異常終了もしてないのになぜかスキャンディスクが
起動しました。見ているとなにやら直している様子。

ちょっと心配はしたのですが、あがってきてよく見てみるといつもよりドライブが
1個多い。ん?と思ってみてみたら障害HDのファイルがGドライブにディレクトリ
構造ごときれいに復活してる。
実は復旧していないファイルが後で欲しくなるかもしれないと思って、
外付けHDのパーティションの一つに障害HDのパーティションイメージを生書きして
意図的に残していました。これがスキャンディスクで修復されたらしい。
つまり、ER-PROは買わなくて済んでたってことか。まさか業者がさじを投げ、
いくつかのツールでは全く復旧できなかった障害がスキャンディスクで回復するとは。
NTFSのことはMicrosoftが一番知っているということか orz
posted by naotok at 01:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | HD障害からの復旧記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

HD障害という不幸に見舞われた人のためのまとめ

まずは定期的にバックアップを取ること。これが基本。
RAIDが組まれていれば物理障害の対策にはなるけど、論理障害はアウト。
やっぱりバックアップが基本です。
でも、そうは言っても難しいんだよね。ノートPCに外付けHDをわざわざ繋いで
コピーなんてすぐに面倒になるから。なんかいい方法があればいいんだけど。


それで、障害が起きてしまったら、まずは物理障害か論理障害か切り分ける。
物理障害の場合、前兆として普段はしない変な音(カツーン、カツーンとか)がする
ケースが多いと思う。HDが回らないとか、BIOSがHDを認識しないようなケースも
あるかも。

もし変な音がする場合は、すぐに使用をやめて電源を切ること。
それからバックアップ先を用意して、バックアップの優先順位を決めてから起動し、
可能な限りバックアップを取る。OSが起動しない場合はKNOPPIXでCDブートしたり、
他のPCに接続してアクセスする。

ここで十分なバックアップが取れれば、あとはHDを交換すればいいだけなので
話は簡単になる。バックアップが間に合わずにHDが逝ったら業者に依頼するしかない。
同じ型のHDを持ってきて蓋を開けて皿を移せば何とかなるという話もあるけど、
埃で不可逆なダメージを受けるという話もあるのでお勧めしない。


逆にBIOSはきっちり認識して、HDも回って異音もしないという場合は論理障害と
思われる。この場合はKNOPPIXなどで起動して、dd_rescueを利用してまずは
外部のHDにディスクのイメージをバックアップしよう。
スキャンディスクやフォーマットでわざと壊してみてもいいように、マスターとなる
バックアップをファイルシステム上に作ることをお勧めする。
以下のコマンドでデバイスイメージをファイルとして保存することが出来る。
(復旧対象が/dev/hda1で、外付けHDが/media/sda1にマウントされている場合)
dd_rescue /dev/hda1 /media/sda1/hda1.img

実際の復旧試行は以下のコマンドで未フォーマットのパーティションに
コピーしたものに対して行うのがいい。それならスキャンディスクで壊して
しまっても平気だから。
dd_rescue /media/sda1/hda1.img /dev/sda2

で、この/dev/sda2に当たるパーティションに対してスキャンディスクなり、
EasyRecoveryの試供版なり、FINALDATAの試供版なりを試してみるといい。
それでもダメなら鼻息さんをお勧めします。
「100万くらいなら払えるよ」という人はオントラックの方がいいかもしれません。
なお、オントラックの方でも1ヶ月くらいかかってもいい個人向けの安い
メニューがあるようです。


HDが読めないという突然の不幸に見舞われた人が一人でもこのページを呼んで
10万いかない程度の出費でデータを復旧できれば幸いです。
ここではあまり詳しくは説明していないけど、この説明が理解できない人は
LinuxとかPCとかに強い人に泣き付いて、このページを参考に対応してもらう
ことをお勧めします。
posted by naotok at 00:32| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | HD障害からの復旧記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月14日 HDデータ復旧ツールでのトライ

14日の10時に着払いでハードディスクはちゃんと帰ってきた。
帰ってきたハードディスクは障害の起きたハードディスクと、
復旧したデータを保存するための外付けハードディスクの二つ。
後者はRecover and Rescueの復旧先にと思って購入したHDだ。

まずは外付けのハードディスクのパーティションを切り直したり、
現在一時使用しているHDを使ってdd_rescueの練習をした。
簡単に使えるけど、デバイスイメージをコピー先をNTFS上のファイルに
すると(恐らくLinuxカーネルのNTFSドライバーの関係で)エラーになった。
デバイスイメージは30Gくらいあるので、それが原因らしい。もっとも
3Gもいかずにエラーになっていたけど。FAT32も4Gまでしか使えないのでダメ。
仕方ないのでLinuxのext3上のファイルとしてデバイスイメージをバックアップした。
次にNTFSでフォーマットしたパーティションに(ファイルとしてではなく)
直接にデバイスイメージを書き込んでみた。これはパーティションテーブルを
気にしてそうしたんだけど、Windowsから見てもNTFSとして認識されなかったので
NTFSでフォーマットした意味はなかったらしい。

ちなみにdd_rescueで30Gをコピーしたら大体1時間かかった。ddでやるよりは
早いはずだけど、なかなか大変だった。

試した試供版のツールは3つ。
一番可能性が高そうなEasyRecovery Professional lを最初に試した。
インストールからスキャンまでは10分程度で終わった。
なんと、全部のファイルが見えた!
試供版なのでファイルは復旧できないけど、ファイルビューワーでは
デジカメで撮った子供の写真も見える!
このときは復旧できる確かな手ごたえを初めて感じて、本当に舞い上がる思いだった。

EasyRecoveryの非Proの試供版やFINALDATAの試供版を試したけれども、
ファイルは全く検知できなかった。依頼した業者が復旧できなかったというのは
つまり業者の使っているツールの機能が不足していたということらしい。
不足しているのが何か具体的には分からないけど。

その後、EasyRecovery Professionalをベクターで即購入してファイルを復旧。
暗号化されてたExcelのファイルもちゃんと見えるし、写真も見える。
やった、全てを取り戻した。辛かったけど、何とかなった。


今のところ中身が壊れてるファイルには遭遇していません。
復旧にかけた実費はHDが17000円くらい、業者への往復の送料が1000円くらい、
ER-Proが37000円くらいなので、締めて55000円です。
時間は40時間くらいはかかっただろうか。
ああ、疲れた。
posted by naotok at 00:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | HD障害からの復旧記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月13日 HD帰着前夜

14日の午前中にHDが戻ってくることを電話で確認した。
自分でやってみる気にもなっていたけど、他の業者も調べてみることにした。
そういうわけで、HDが戻ってくる前夜には2chで情報収集をしていた。

2chスレでは通称鼻息さんが安くて早くて技術力が高いということで評価を集めていることが
分かった。でも、2chで評判になりすぎて依頼が殺到して現在は新規受付を停止している
とのこと。

MDSという会社が次に評判がよかった。でも福井だから往復するだけで時間が経って
しまいそうと思った。

それから、ツールに関する情報も入った。どうもEasyRecoveryやFINALDATAという
ツールが評判よくて、いずれも試供版で復旧できる可能性があるファイルの一覧を
見せてくれるらしい。

まあ、ツールでトライしてみてもダメなら、鼻息さんの受付再開を待って依頼して
みるかということにした。
posted by naotok at 00:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | HD障害からの復旧記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月4日〜12日 HDデータ復旧業者へ依頼

勝手にHDを業者に渡すわけにもいかないので方々に確認を取り、
ようやく4日の朝に業者にHDを送ることが出来た。同じ都内なので遅くても
翌日には着くはず。

この業者では48時間以内に回復可能なファイルのリストを調査して
結果をメールで報告して来ることになっている。ところが、6日になっても
連絡が来ない。電話してみたところ「5日に到着しているから11日か12日には
調査結果をメール出来る予定」とのこと。48時間て何?と思ったが呑み込んだ。

調査結果が届いたのは12日の夜。
約束よりずいぶんと遅い仕事だと思って確認したら、「復旧可否:否」の文字が!
論理障害で復旧できないわけはないだろうと思って読んでみると、データはあるが
ほとんどのファイル名やファイルサイズが破損していて復旧しても使える見込みは
ないと書かれていた。

すぐに返送するように返信したが、かなり落ち込んだ。
論理障害だから業者に復旧できないわけはないと自分に言い聞かせて精神を
安定させていた支えが完全に崩壊したから。

でも、業者が直せないというなら多少ダメージを与えてもいいからもう少し自分で
トライしてみるかと開き直りも出てきた。
posted by naotok at 00:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | HD障害からの復旧記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月30日 HD障害発生

HDの論理障害発生。
起動時にHDパスワードを入力した後で以下の恐ろしいメッセージが出る。
A disk read error occurred
Press Ctrl+Alt+Del to restart

ThinkPadのRescue & Recoveryではパーティションの存在は見えるものの
アクセスしようとすると「不正確なUUID」というダイアログがでて
ファイルは全く見えない。

Windowsの緊急起動ディスクを作ったが、どうも起動時にディスク上のファイルで
ライセンスを確認するらしく、ライセンス違反で起動してくれない。
この仕様をデザインしたやつをアホかと小一時間問い詰めたい気持ちになった。

Ultra Boot CDを作成してTestDiskでパーティションのルートディレクトリを
見ようとしてもdamaged file systemと表示されて、ファイルやディレクトリの
情報は全く見えない。

ThinkPadの隠しパーティションであるIBM_SERVICE内のファイルはRescue and Recoveryで
全てバックアップできたし、異音もしないので物理的な障害ではなさそう。
経緯から考えると、ディスク(というかパーティション)の先頭部分の重要な
部分が壊れただけで、ほとんどのファイルのイメージはディスク上にきれいな形で
残っていると思われた。

こういう場合、フォーマットはいうまでもなく、スキャンディスクなども
データを余計に破損する可能性があるので、ディスク(パーティション)への書き込みの
可能性が少しでもある操作はするべきじゃない。ディスクのイメージをそのままコピーする
ddでさえも、自分で一度も使ったことがないので怖くて手が出なかった。

ディスク復旧用のツールはインターネット上にいくつか見つかったけど、
不慣れなツールで残っているはずのデータにダメージを与えてしまうことが怖い。
そこで、障害になったHDからのデータ復旧を行う専門の業者に依頼することにした。

少し検索してみるとこの手の業者は多数出てくる。値段はピンキリで3万〜100万以上の
業者もいる。10社程度のHPを比較検討して安価で技術力のありそうな業者に依頼する
ことにした。

(10/22 書きかけのままで文章がおかしかったところを一部修正)
posted by naotok at 00:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | HD障害からの復旧記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

HD障害発生

HDの深刻な論理障害が起きて何とか復旧できたので、メモ書き程度ですが、
記録としてまとめます。


きっかけは起動中の不用意なキーボード操作だと思われるが不明。

ハイバーネーションから復旧する際にHDパスワードを入力した後に
トチ狂ってキー(とはいっても普通の英字部分)をいくつか押してしまったら、
なぜかRescue and Recovery(ThinkPad特有の機能)が上がってしまった。
Rescue and Recoveryのパスワード入力画面でキャンセルして再度起動したところ
ハイバーネーションからは復旧してログインできたが、間もなくフリーズ。
電源断したら二度とあがらなくなった。

このページで勉強したところ、おそらくファイルシステム(NTFS)の
先頭部分が壊れて、起動用のカーネルイメージをBIOSが見つけられなくなったと
思われる。
posted by naotok at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | HD障害からの復旧記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。